医薬品卸売販売業とは

医薬品卸売ここでは医薬品卸売販売業について説明します。

医薬品卸売業とは、その名の通り「医薬品」を「卸売販売」するための許可区分です。

※ 取り扱えるのは医薬品のみが対象ですので、医療機器を販売するためには
卸売販売とは別の、医療機器販売業という許可または届出が必要です。

 

まずは医薬品卸売販売業のポイントをご覧ください。

・扱える医薬品は、原則としてすべての医薬品となる

・販売先は、一般家庭等ではなく病院や薬局、他の医薬品販売業者等となる

・営業管理者として、営業所には薬剤師を置く必要がある

 

では、以下で一つずつ見ていきます。

 

扱える医薬品の種類

卸売販売業では全ての品目の医薬品を扱うことができます。

但し、店舗販売業者や配置販売業者に対しては、一般用医薬品以外の医薬品を販売することはできないため、注意が必要です。

 

卸売販売業の販売先

医薬品流通の要とも言うべき医薬品卸売販売業では、当然様々な機関へ医薬品を販売することができます。

以下が主な販売先となります。

・薬局  ・医薬品製造販売業者  ・医薬品製造業者  ・医薬品販売業者※1

・病院や診療所・飼育動物施設  ・国、都道府県知事や市区町村長  ・助産所

・救急自動車  ・臓器のあっせんに使用する滅菌消毒用医薬品を使用する者

・施術所(あん摩、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師)  

・歯科技工所  ・滅菌消毒業者  ・ねずみ等の駆除業者  

・浄化槽設備等の衛生管理事業者

・体外診断用医薬品等を用いる登録試験検査機関  ・研究施設や教育施設

・医薬部外品、化粧品、医療機器の製造業者  ・航空会社

・船員法の適用を受ける船舶所有者

・その他厚生労働大臣が適当とみとめるもの

※1 医薬品販売業者のうち、店舗販売業者や配置販売業者には、一般医薬品以外の医薬品を販売することはできません。

 

 

卸売販売業の要件など

ここからは項目ごとにまとめてありますので、知りたい項目をクリックしてください。