医薬品をネット販売するためには、

       まずはこちらの免許が必要になります!

医薬品店舗販売業とは

医薬品店舗販売業医薬品の小売販売業には、この店舗販売業と配置販売業があります。

ここでは医薬品店舗販売業について説明します。

医薬品店舗販売業とは、その名の通り「お店を構えて」医薬品を販売する販売業のことです。

言い方を変えれば、「店舗がなければ申請が出来ない」ということになります。

 

ここで、簡単に店舗販売業のポイントをまとめておきます。以下をご覧ください。

・一般用医薬品であれば、全ての区分を取り扱うことが可能

・扱う一般用医薬品の区分により、薬剤師又は登録販売者が必要

・申請をするには店舗が必要

・許可は店舗ごとに受ける必要がある

 

医薬品のネット販売等を行う場合は?

さて、少し話がそれますが、医薬品のネット販売やカタログ販売を行う場合、やはり店舗は必要なのでしょうか。

医薬品のネット販売禁止をめぐる訴訟で、2013年1月に最高裁がネット販売を容認した判決が出ました。これにより国の敗訴が確定し、全区分の一般用医薬品をインターネットで販売することができるようになりました。

店舗販売業の要件医薬品のネット販売は、正確には医薬品の「郵便等販売」と言い、医薬品店舗販売業者が届出を出すことにより行うことが可能となります。

したがって、郵便等販売、つまりネット販売等を行うためには、事前に「医薬品店舗販売業許可」を取得しておく必要があるのです。

そして、医薬品店舗販売業許可を取得するためには、店舗が必要となるのです。

医薬品の郵便等販売について詳しくお知りになりたい方は、「医薬品のネット販売(郵便等販売とは)」をご覧ください。

 

店舗販売業の要件など

ここからは項目ごとにまとめてありますので、知りたい項目をクリックしてください。